もし自分が癌になったら。

f:id:Itsmimi87:20170130200323j:plain

今回は私が入院している時に、長い間入院していた女性との会話で余命に対する新しい考え方を知れたので、その話をしようと思います。その人は、2ヶ月ほど入院していていつも忙しそうにしていて、自分で会社をやっているのか電話や面会で入院中もお仕事をしている人でした。

お姉さんは、とっても明るくて気さくでお話好きだし、色んなことを知っている人です。でも、そんなに元気なのに入院しているかというと元は乳がんだったからです。家族に乳がんの人もいなくて、初めて聞いた時にはまさか自分がという感じだったそうです。

手術内容は、全摘を選択しました。やっぱり抗がん剤治療は痛みや吐き気に、髪の毛が抜けたりという症状が伴うし、放射線治療も元気な細胞まで痛めつけてしまうために、デメリットも大きいそうです。全摘は、取ってしまえば再発の危険性が健康な人と同じ状態まで落ちるそうです。結局、手術をしてみたらレベルも低く小さかったのですぐに終わりました。抗がん剤治療等を行なって居ないので体も元気で、髪の毛もそのままです。

そして私が入院した時には、再建手術のために入院をして居ました。私が入院をしている間にお姉さんも手術を行なって居て、手術後もすぐに元気になって居たもののかなり、大変そうでした。再建には自分の皮膚で細胞を育てて、それを胸に移植するものです。癒着するかがかなり問題で動けない日にちがかなり続いて居ました。そして、すごくお姉さんは、アレルギーを持っている人でした。医療テープやアルコール至るものがアレルギーで手術するにも彼女も先生も大変だなと思いました。先生たちもアレルギー反応が起きないものをかなり探してくれて居たようです。

私の母がよく遊びにきて居た時に、陽気な母はすぐにお姉さんとも仲良くなって、お話をして居ました。その時に、病気の話になって居てそこで私は、そういう考えもあるのかと知りました。

それが、「ガンは準備ができる」ということ。事故や殺人など急な死はたくさんのことや人を残し、後悔を連れてあの世へ行くことになります。こうしていればよかったや、あの人にこう言っておけばとか言いたかったなとか。あの子にこれをしてあげたかった、残してあげたかったとか。でも、ガンは余命を教えてもらえる。余命の中で自分が死ぬ準備ができる。子供がいれば手紙やプレゼントを用意して置いたり、旅に行ったり会えてない人に会いに行ったり、感謝の言葉をみんなに言ったり、やり残したことを残さないように余命をしっかりした足で進むことができると。もちろん、低い生存率だとしても生きることを諦めてはいけないけど、どっちになっても心の準備ができると言っていました。

私は、ハッとさせられました。そういう考えもあるのかと。これは一度ガンだと宣告されてこれからどう生きるかを考えた人にしかわからないことかもしれない。なぜ自分がガンなんだとか、余命がこれしかないと毎日を悲し引きこもるよりも、残された時間をどう濃い内容で過ごすかじゃないかと。

病院で入院すると色んな経験をしてきた人とめぐり合うことができます。みんな何かの病気で入院していたり、何度も戻ってきている人もいます。病院内の人たちはみんなとっても優しいです。自分が一度辛い思いをして気持ちがわかるから、自ずと優しくできます。お姉さんも言っていました。自分が病気になってよかったと。そうじゃないと、どれだけ色んな人に助けてもらっていたのかを知れない。病気になったことない人は、想像以上の辛さがわからないから、病気の人を傷つけてしまう。見た目でわかる病気なら皆んな優しくしてくれます。でも、私のようにただ顎を手術しただけならマスクをすれば、普通の健康体の人と何ら変わりありません。でも、私はとてもしんどかったです。

もし私が余命を宣告されるときがきたら、この言葉を思い出してやり残したことがないように残りの人生を今までよりも思いっきり生きようと思いました。もちろん生きる努力をしながらですが。事態を受け止めて視点を変えるのも大事ですね。

何より余命を宣告される事態にならないようにするのに越したことはないので、女性の皆さんは特に乳がん検査はちゃんと毎年受けましょうね!

 

xoxo Mina💋

広告を非表示にする