読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

顎変形症(入院):術後8日目

歯列矯正(顎変形症) 入院/手術

術後8日目(入院11日目)

  •  痩せました
    あまり食べたり飲んだりする事無く、1週間経ちました。この手術を受けると流動食ということで、多少なりとも痩せます。私も痩せました。普通の人よりも多く痩せました。元気なときでも痩せるのが早くて、増えるのが遅い体質なので、がくんと大きく痩せてしまっていました。それにお腹痛かった。やばいな〜なんてぼーっとしながら思っていました。
    この日は教授回診がある曜日のようで、医療系ドラマの見過ぎか白い巨塔のようなものを想像してました。沢山の先生の真ん中に教授が居てゾロゾロって感じ。結構緊張と嫌なイメージが多かったのであんまり気が進みませんでした。お外も台風でどんより雲だしさ。(関係ないか)
    教授が見てくれるということだから、少しは鼻の調子とかも見てくれるのかなって思ってましたが、もう普通に呼吸できれば今は何もいらないって。ただただそれだけを願って望んで入院生活を送ってました。一生のうちでこんなに「酸素ください」って思っただろうか。何なら、エラが欲しいって。ハリーポッターのエラができる「鰓昆布をください」ってどれだけ思ったか。

  • やっとストローを使えるように
    やっぱり毎度のことで朝は喉がカラカラ。洗面所のお湯をがぶ飲みして潤しました。なんでか、病室の水道水はとっても美味しいというか、いつも飲んでる水道水の近くて馴染みがある感じが安心する。粘液の件もあるからいっぱい飲んで食べてデトックスしよう!この日は、初めてストローで全部飲めました。まだまだ唇をすぼめて飲むことは出来なくて工夫して飲んでたけど、ストローで飲めるようになって、他の飲み物も飲みやすくなるなって思ったら少し心が晴れました。

  • 繋ぎの糸が黒ってバレバレ
    朝ごはんを食べたあとは、歯磨きをしてゴムかけを行いました。教えてもらった次の日とは言え、結構早めに装着することができるようになっていて安心しました。まだゴムが強めの小さいものだから付けるときも力がいって大変だけど。
    縫っている部分がかなり感覚が無くて鼻の下も鼻頭も感覚がありません。痺れているところもほとんど縫っている付近が多い気がします。抜糸をすれば、楽になるって良く聞くので、取ったあとは少しでも楽になると良いなって楽しみにしていました。昨日の夜にマウスピースが外れないように、糸で結んでくれたんだけど、糸がこれまた黒!っていうww透明のマウスピースに黒の糸で結ばれて、めっちゃ不格好wもう少し考えてくれてもいいじゃないかって正直思いました。出来るだけわかりづらい半透明なものとかのブラケットとかマウスピースを使ってくれてるのに、黒の糸で全てが台無しですww心のなかでかなりツッコみました。
    そして鼻水が垂れるので左の穴にはよくティッシュを詰めていたら、鼻の穴が広がってきちゃって。詰めるの極力辞めようって心に決めました。。。

  • 教授回診
    初めての教授回診にドキドキしながら処置室へ行きました。入院一週目に教授回診の金曜日は迎えてたんですけど、ちょうどICUでお眠りになられてたので、今回が初めて。確かにこの日は沢山の先生たちがあっちへ行ったりこっちへ行ったり。いつもの担当医が見てくれて、このときにゴムのサイズを大きくしてくれました。なので、かなり口を開けやすくなって楽になりました。サイズが変わったことで、着脱もかなり楽に。
    そして教授が来て口の中を見てくれました。朝の担当医は結構グイグイ来る人だからいつも痛い思いをしてるんだけど、教授は口の中を見るときもかなり優しくて、消毒も優しい。鼻の吸引もしてくれたんだけど、もっと小さいサイズのノズルを探すようにお願いして、痛みを少なくしてくれるように努めてくれました。色んな人に見られながら診察してもらって、吸引のときなんて沢山の先生や看護師さんに「ごめんね~ごめんね〜もう少しだよ」って涙を拭ってくれました。いつものことだから大丈夫だし、なんなら咽たから涙出てるんであって生理現象なんだけど、とっても謝られました。そんなに謝んなくてもいいのに…少し申し訳なくなりました。

  • 栄養指導
    この日はかなりフラフラするなと思いながら、栄養指導へ行きました。椅子に座っているだけでもかなり辛くて、話は聞きたいんだけど背もたれに持たれてぐたっとしていないとかなり辛くて。今思うと態度悪くてすみませんって感じ。流動食の作り方とか色々と聞いて、3ヶ月ほどは食べ物で不便な思いをすると思うとかなりお先真っ暗な気分にますますなってしまいました。わかっていたんだけど、この時点で地獄だと思ってたから、耐えられるかかなり心配になりました。
    そして、その後体力測定をしてもらったら、驚きなことに「水分量20%」!!人間の水分って60%って聞いてるけど、この時の私は20%しかない状況で、「そりゃフラフラするわ!脱水気味って言われるわ!」って改めて思いました。この日に私は現実をつけつけられた気がして、このままだと死ぬと思った私は水分をとりまくるわけです。

  • そろそろ帰りたい病
    大部屋に移動してからも病んで閉じこもっているのは変わらず、なんならカーテン一枚というプライベートがあるようでないこの状況にかなりストレスが溜まっていたようです。入院生活で色んな事が辛くて、そういう点でも帰りたいって思ってました。鼻の調子が良ければもっと楽しい入院生活だったんだろうけどね…。筋力も体重も水分量も落ちて心も沈んで、ブルーな毎日でした。(精神面については別記事で。)

  • 画期的なものを発明!
    毎日毎日術後は鼻づまりに悩まされ続けている私ですが、綿棒で鼻の掃除始めてから奥の鼻腔を広げると左は呼吸が出来て楽になることに気がついて、苦しいときには気休めながら広げて横になってたんですよ。でもずっと手に持ってるわけにも行かないし。そこで鼻腔拡張テープを左を重点的に広げる感じで貼り付けたら、かなり楽になりました。でもこれ、長時間はつけてられないし汗をかけばすぐに剥がれちゃうし、なんなら皮膚がだめになっちゃう的な。(多分高めのちゃんとした有名な鼻腔拡張テープだったらそんなことなかったのかな)
    どうにかならんかなーっと考えていたら閃きました!持ってきてもらった綿棒がちょうど芯の部分がプラスチックっぽい質だったので、ちょうど真ん中を折って元に戻ろうとする力を利用して、鼻の奥にいれたら鼻腔が広げられてとっても楽になりました!それに、両手があく!ヴァセリンを軽く塗ってから入れると粘膜を傷つけることなく呼吸を楽にすることが出来ました。風貌的には、鼻ピアスしてる感じねwずっとこれって言うのも難しいので(寝てるときに寝返りで刺さるかもしれないし見回りのときにちょっと恥ずかしい)、ちゃんとしたのをAmazonで買いました。

  • いつになったらちゃんと眠れるのかな
    鼻づまりのせいで術後からずっと寝不足でした。夜勤をやってるときも寝不足で若干睡眠障害にもなってる感じでした。そこで、これ。いつでもどこでもしかも、9時間と睡眠時間が設けられているというのに眠れてない自分。可愛そすぎるぜ。上向きのままだったり膝立ててもお尻やら腰やら痛くなって、足を横に上体は上向きでも肺が苦しくなるから眠れないし。色んな所が痛くなってくるし。側弯症の私にはかなり背中が辛かったです。ベッドの角度もあげたままで出来るだけ頭を起こした状態で眠るようにしてたから、首やら肩もバッキバキ。マッサージ行きたいな。

  • この日は頑張りました
    予防歯科で以前にあった変わった先生に前歯だけキレイにしてもらって、あんまりさっぱりしてないけど、見てもらえただけ良いとしましょう。変わった先生過ぎて心配になるんだけどねw
    ゴムかけに変わってから少し口を開けられる余裕が出来たことで、水をコップやらシリンジ、ストローで飲まなくてもペットボトルの口のまま飲むことができるようになったので、以前よりも進んで飲めるようになりました。乾燥のせいと口内が熱を持ってるせいで、かなり口内が乾くんですよね。それに体内がカラカラだって言われて、かなりやばいと思ったしね。しかし、「何回トイレに行くねん」ってくらいトイレに行くようになりました。デトックスかなりされてますw
    今日はかなりフラフラになりながら色んなところに行って、お話聞いて見てもらってして、頑張りました。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました😍
少しでも気に入ってくれたらポチッとお願いします👸🏼🙏


 

広告を非表示にする